カレーを作るとき、何か隠し味を入れてますか?

私が今まで隠し味として入れたことのあるものは、よく入れる順でこんな感じです。

  1. 牛乳
  2. インスタントコーヒー
  3. チョコレート

 

あと、ニンニクやソース・醤油などを入れても美味しいですよね。

 

ある日、牛乳と一緒にコーヒーも入れようと思って、両方入れたとき、ふと気がついたんです。

 

牛乳とコーヒーを一緒に入れるなら、カフェオレとかでもいいよね?

多分これ、美味しいよね?

 

というわけで試してみたら、 、

いつも子どもに合わせて甘口カレーを食べている大人でも満足できる、甘さと辛さのバランスが絶妙なカレーに仕上がりましたよ!

 

スポンサーリンク


隠し味の前に、いつもどおりカレーを準備しよう

いつものようにカレーの材料を準備し、作りはじめます。

ジャガイモがなかったので、一口大に切ったかぼちゃを15切れくらい入れました。

 

ルーを入れて溶け込むところまで作りましょう。

私はいつもいちばん最後に隠し味を入れていますが、それで合ってるのかな?

カフェオレ投入前のカレーを味見しておいた

普段どおり作ったカレーを味見してみました。

うん、普通に美味しい! でもまあ、こんなもんかなという感じいつものカレーです。

ただ、ジャガイモを入れていないので、ルーが甘口とはいえ、マイルドな感じの甘さはそれほどないですねー。

 

それではここで、こちらを準備します。

 

 

投入前のカフェオレも味見しました。
こちらは甘さひかえめというだけあって、甘みはほぼなし。
コーヒーらしい後味がしっかり残るくらいの、渋いカフェオレです。

まやち
単品で飲むなら、もう少しミルク多めのが好きだなぁ~

いざ、カフェオレ投入!

カレー本体の量は、水が約1リットル、ルーはひと箱使っています。

これに対し、カフェオレの量は大さじ2杯にしてみました。

 

それではここで、グリコの甘さひかえめカフェオレ、投入ー!!

 

しばらく混ぜて、ルーの色は赤みがとれてきました。

 

はい、カフェオレ入りカレーの完成。

 

3時間後、夕食の時間にもう一度火を入れました。

かぼちゃがいい具合に溶けてきた!

 

いただきまーす!

 

 

 

角がとれて、丸くなったような甘さ! 子どもでも食べやすくなったような感じです。

それでも、ジャガイモを入れた時のように「甘みが増した」っていう感じではなく、香辛料のピリッとした「辛さが少し落ち着いた」、という表現が合っている気がします。

 

大人でも満足できる、甘口カレー!

息子も「辛い!」と訴えることもなくいつもどおり、おかわりして完食。

カフェオレ入りカレーのバリエーションを考えてみた

好みに合わせて甘さを調節する場合は、以下の2つの方法があります。

 

  • ジャガイモ(またはかぼちゃ)を多めに入れる
  • 甘めのカフェオレを入れる

 

ルーの種類を変えてもいいかもしれないですね!

  • 中辛のルーに甘めのカフェオレ ← これやってみたいです

 

ジャガイモを切らしているとき、私は時々かぼちゃやサツマイモで代用していますが、色んな種類のコーヒーやカフェオレで試してみたいですね。

 

まとめ

カレーの隠し味にカフェオレを使ってみた結果、甘すぎず、辛すぎない、大人も子供も満足できるカレーに仕上がりました! 普段は牛乳しか入れないのですが、カフェオレを入れたほうが断然美味しいです!

 

今回作った分量はこんな感じです。

 

  • 鶏むねミンチ g
  • 人参 1本
  • タマネギ 1.5個
  • かぼちゃ 一口大×15切れ程度
  • カレールー(甘口) 1箱
  • グリコ 甘さひかえめカフェオレ 大さじ2杯

 

カフェオレ入りカレー、こんな方にはおすすめです。

 

  • いつものカレーに飽きたので何かちょっと変えたい
  • カレーの隠し味は何がいいのか迷っている
  • 子ども用に作る甘口カレーは何だか物足りない

 

ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク












こちらの記事もあなたにおすすめです。