【ライブレポ】真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』@高松MONSTER

真心ブラザーズの最新アルバム『FLOW ON THE CLOUD』が発売されてはじまった全国ツアー!

2017年11月25日に香川県の高松MONSTERで行われたライブに行ってきました!

このライブレポを書く前に、本当はアルバムのレビュー記事を書きたかったんですが、時間がなくなってしまった・・・

そこで、曲紹介とか感想もちょっとだけ交えながらのレポにしてみました。

スポンサーリンク


高松MONSTERに到着、入場まで

会場に着いたのが17時40分ごろ。

外に並んでる列もなく、まだ大丈夫だと思ってお手洗いを済ませて戻ってきたら、5分前の17時55分にはすでに入場がはじまっていた。

整理番号1~70番の人はすでに建物の中へ進んでいるようで、列は早くも地下1階の会場へと続いていました。

私は52番だったので列の自分の番号のところへ入れてもらい、入場がはじまるとステージに向かって左端のあたりで、2列目までいけました。

YO-KINGがいるセンターあたりはすでに3~4列くらいできていたかな。

私がいつも狙っているポジションは、ベースの岡部晴彦(以下ハルくん)側!  ドラムの伊藤大地(以下大地くん)とのコンビがとてもよく見えるんです。いつもこの2人が見たくて左端のスペースへ一目散。

FLOW ON THE CLOUD 本編スタート

オープニング~最初のMC

きいてる奴らがバカだから
意外な曲ではじまった!とても好きな曲。今の4人のアレンジでめちゃくちゃ新鮮味があります。それにしても歌詞すごいよね、♪「きいてる奴らがバカだからぼくらの歌詞は簡単さ」ってね。

続いて『高い空』さわやかな曲調なのに切ない。

スタートから2曲は昔の曲でちょっと気持ちも上がってきたところでMC。

YO-KINGいわく、高松MONSTERはめちゃくちゃやりやすい箱。「お客さんの高さがちょうどいいのよ、この上から目線で見る感じ」とキングの俺様感も健在! 嫌みゼロで言えるからすごい!

ハルくんは会場の近くの楽器屋さんで、お気に入りのベースを見つけるが高くて迷ったそう。

買うかどうか、ライブはじまって2,3曲終わったところで決めるって話をしていたらしく、このMCのタイミングで「どうするの?」と2人から聞かれます。

会場から”買え買えコール”もわき起こったけど、「なんか…すいません、ここで”買います!”って言ったら、ドッカーンってなってたんだろうけど…」と言って、はにかみながらもサクっと保留にさせる、マイペースなハルくん笑

3曲目~6曲目

アルバム『FLOW ON THE CLOUD』からの曲がはじまります。

雲の形が変化をした』はサビの部分で海外ミュージシャンの名前が次々と出てくるのが印象的です(ほとんど分からない)。

それでもグッとくるのは、♪「水と塩を飲んで 自分で血を作り笑え」のところ。

レコードのターンテーブルや雲の形とか周りの変わっていくものを見ているようで、すごく自分を見てるよね。

次の曲は『光るひと

続いて『上手な眠り方』アルバム「KING OF ROCK」収録曲。桜井さんボーカル。

いい天気』 初めて聴いた曲でした。これも桜井さんボーカルで、ギターを置いてバンジョーに持ち替えた! 楽器は何でもできちゃいます!とYO-KINGが褒める。バンジョーのふわっと軽い感じの音が心地良かったです。

MC 照明の話

高松モンスターの照明も好きだというYO-KING。
照明ってどんな感じのが好きですか?と桜井さんに質問。
特にないとあっさり答えたけど、少し考えた後、「ピンスポットが好きだ、真上から照らすやつ」と桜井さんが回答。

YO-KING「あれだ、宇宙人がきて吸い込まれていくようなやつ」といって背伸びして上に吸い込まれようとする笑

桜井さん「そう、そういう妄想ができるから好きなんです」

YO-KINGから照明とかも気にしたりこだわったりするんだな、逆に桜井さんはあまり気にしてないという、意外でちょっとまじめな部分が垣間見えて良かったです。今までMCでは面白い話しか聴いたことないから笑

7~12曲目

最新アルバム曲に戻り『けんかをやめたい

CDではYO-KINGが歌っているけど、桜井さんが作曲したということで、桜井さんが歌う。ご自分で作った曲だけあって、声もぴったりはまって全く違和感なかった!

その分だけ死に近づいた

黒い夜
アルバムの中でもいちばんしっとりしたバラード。青いライトをバックにハーモニカを吹くキングがめちゃくちゃきれいで画になってたな。

アルバム曲は『戦の友』 、『重なるように』 と続きます。

アイアンホース』桜井さんの歌う曲。アップテンポでライブで会場の空気もパッと明るくなり、聴くのがとても心地よかった!

MC ことでんの話

YO-KING、桜井さんが高松の鉄道「ことでん」に乗った話。

YO-KINGが当たり前のようにSuica(スイカ)を出してしまったら、当然だけど使えなかったって。

YO-KING「こっち(ことでん)はSuicaじゃなくて何だっけ?」とドラムの大地くんに話を振る。
大地くん「IruCa(イルカ)です」と即答。

でもなんでイルカなの?イルカって、あの(生き物の)? とYO-KINGが素朴を投げかけたときの、大地くんの返しが素晴らしかった!!

大地くん「ことでんは昔、殿様商売で、経営が上手くいかなくなり存続が危なかったときに『ことでんは要るか?要らないか?』 という話になったとき『要るか』という結論になり、『イルカ』になったそうです」

突然ふられた質問に、とても分かりやすくまとめて回答してくれた大地くんに、会場からも拍手!

一方、桜井さんはことでん長尾線という高松から東の郊外へ行く路線に乗ったそう。

あまり人気(ひとけ)のない駅で降りてみたら、車掌さんらしき人が自分のほうに向かって走ってくる!

切符を回収しにきただけだったんだけど、走ってこられると「え?え?なんか悪いことしたっけ?って焦っちゃって笑」って桜井さんが話すと、

YO-KING「”サインください!だと思ったんじゃないの?  (ファンの真似をして)”桜井さんですよね? アイアンホース歌ってる桜井さんですよね?”って」

YO-KINGの小馬鹿にした感がめっちゃおもしろかった(桜井さんごめんなさい)

桜井さん「いやー、そこまで自意識はないですけどね笑」って冷静に返してました^^

13曲目~本編おわり

次はまたアルバムから『凍りついた空

FLYING BABY
昔の曲。CDで聴くと途中でホーンの音が入ってるんだけど、これも桜井さんのギターアレンジがぐいぐいとかっこよかった!

レコードのブツブツ
新アルバムでは1曲目に収録された曲。とてもメッセージ性の強い曲。色々ブレてしまう自分の心をいつもニュートラルに戻してくれる。

この曲に出てくる♪「食べたくなくなったら残しなさい」という歌詞。同じような言葉がYO-KINGの歌詞に過去何度か出てきてるんだけど、私はすごくこれに共感していて、とても気持ちを楽にしてくれる魔法のような言葉なんです。

明日はどっちだ!

個人的には、昔からの曲とはいえ、ライブの定番曲っていうイメージではなかった曲。終盤の盛り上がりに向けてもってくるなら、次でもう1曲、何か…!という欲張りを心の中でしてしまってごめんなさい。だけど前向きで、少しだけ良い意味で攻撃的な気持ちになれる曲です。


こちらも個人的にはなかなかライブで聴けないと思っていたので、聴けてよかった!

サビではオーディエンスもワイパーで、多幸感いっぱいでした。

FLOW ON THE CLOUD アンコール

ENDLESS SUMMER NUDE
やっぱり盛り上がるよねー! 超個人的には、エンドレスじゃないほうのサマーヌードがいちばん好きなんですが、でもこの4人編成で聴くとエンドレスのほうもすごく良い。

JUMP
とっても大好きな曲でしめてくれた。冬をイメージした曲だけど、オールシーズン聴けそうなバージョンだったな。

セットリスト・感想

真心の全国ツアーではここ数年、毎回やってくれる高松MONSTERでのライブ。
私にとっては、行き慣れたライブハウスで、昔から大好きな人たちの、昔から大好きな曲や、新しい曲も聴ける、大事な空間です。
とにかく今回は、2週間以上前から体調がずっと良くなかったこともあり、体力がもつのかとても不安でした。
それでも会場の中に入って、ステージのバックに映えるレーベル「Do Thing Recordings」のロゴが入った幕を見ると、「今年もここに来れて良かった!」という気持ちにさせてもらえました。
最新のアルバム「FLOW ON THE CLOUD」は、全体がわりとしっとりとした大人な感じがあったので、途中で入る曲もパーッと明るい感じじゃなく、ゴリゴリのロック感でもなく、なんかちょうどよい感じのセトリだったのかな、と思います。

これまでのライブは、過去のアルバムの再現ライブだったり、弾き語りの全国ツアーなど、これらも本当に良い企画だったんだけど、新しいアルバムを聴かせにきてくれた、という無駄をそぎ落としたシンプルな構成だったな、なんて感じます。

いやあーそれにしても、今の4人編成のバンド「Low Down Roulettes」本当に素晴らしい!
大地くんのドラムプレイは息が止まりそうになるくらい釘付けになる。
静かに熱く、淡々と曲をこなしていくように見えるドラムの大地くんと少し対照的に、体全部で音を楽しんでいるベースのハルくん。時々にこやかに、お客さんのほうに向かって笑いかけたり、手拍子を促したりして上手く盛り上げてくれます。そんなサービス精神いっぱいの彼はみていて本当に楽しくなります♪

 

セットリスト
  1. きいてる奴らがバカだから
  2. 高い空
  3. 雲の形が変化をした
  4. 光るひと
  5. 上手な眠り方
  6. いい天気
  7. けんかをやめたい(桜井ver.)
  8. その分だけ死に近づいた
  9. 黒い夜
  10. 戦の友
  11. 重なるように
  12. アイアンホース
  13. 凍りついた空
  14. FLYING BABY
  15. レコードのブツブツ
  16. 明日はどっちだ!

アンコール

  1. ENDLESS SUMMER NUDE
  2. JUMP

スポンサーリンク












こちらの記事もあなたにおすすめです。