小5の息子が、夜寝る前にボソッと私に聞きました。

「明日は学校に行かなきゃいけない?」

 

私「明日は学校ある日よ。何かあるの?」

話を聞いていくと、息子はポツリポツリと話し始めました。

どうやらその日学校で、6年生の名前も顔も知らない男の子に、「きたない」って言われたんだって。

係の仕事で使う用紙を取りに行って戻ってくるときに、校内の階段で。

息子は目立って服や靴を汚していたわけでもなく、いつも通りに校内を歩いていたそう。

同じ用紙を取りに行くとき、また言われるんじゃないかと不安になっていました。

スポンサーリンク


「1日、休んでみよう」と提案してみた

翌朝。

なかなか起きてこなかった息子はやっぱり、

「学校を休みたい。」

 

はっきり私に言いました。

基本的には真面目で、学校生活は前向きに取り組んでる息子。

週明けに「ダルイ~。。」って言うことは増えてはきてたけど、対人関係で学校に行きたくないと言ったのは初めてです。

 

こんな時、どうすることがベストなんだろう???

1回休ませてしまったら、やっぱり学校に行きづらくなるのかな。

 

色々迷ったんですが、私は息子にこう言いました。

「今日1日、お休みしてみよう。
でも、体は元気やから、ずっと遊んだりゴロゴロするのは良くないよ。
少しはお勉強をすること。お手伝いもすること。
それと、昨日あったことと、どう思ったのか自分の気持ちを、紙に全部書いてごらん。
そしたら、自分の心の中が整理されるから。
スッキリしたら、また週明けから学校に行けるからね。」

 

息子もこれに納得してくれたので、私は学校に欠席する旨の連絡を入れました。

学校の先生が対応してくれたこと

電話に出られたのが、たまたま息子が支援学級で時々お世話になっている先生でした。

「ちょっと○○先生に替わりますね。」

支援に入ってくれるメインの先生にすぐに繋いでくれました。

息子から聞いたことを全てお話すると、先生は

先生
「お休みすると、今日1日はよくても、また週明けに思い出して、行きたくない~ってなるかもしれない。
なるべくその日のうちに解決しておきたいから…
…とは言っても名前も顔も分からないのでアレなんだけど、
今日は1日、休み時間もずっと私が○○さん(息子)についておくようにします。
それなら何か言われることもないし、安心かな。」

 

電話を息子に替わって、先生がその場で息子に言ってくださいました。

先生
今日は先生がずっと一緒にいるから。
今から安心して学校に出てきてくださいね、○○さん(息子)。

 

先生の力強い言葉に押されて(いつもですが)、ハイっ!と思わず返事をする息子^^;

 

「よし、着替えよう、」と慌てて制服を着て、

私が出かける準備をするより先にランドセルも背負って、準備完了。

「お母さん、行こう!」

 

学校に連れていくと、校舎の外でその先生が待っていてくれました。

神妙な顔つきではあったけれど、先生に連れられて、校舎に入っていくのを見届けてから

私も仕事に向かいました。

ひとまず、安心。息子、よく行った! がんばったねーーー!!

学校生活でのサポートが必要な息子のために、色々な工夫や行動をしてくれる先生で、本当に有り難いと思います。

正解がないからこそ、大事にしたいもの

友達や周りの人から、ちょっと傷つくことを言われてショックを受けてしまったり

学校が楽しみな日もあれば、行きたくない日があったり

そういうことって誰にでもあること。

自分だって子どもの頃は、マラソン大会が死ぬほど嫌で休みたかった記憶があります。。

 

子育てもそれ以外のことでも、何が正解ってのはないから難しいし、迷ってしまいます。

私が大事にしたいと思っているのは、

 

息子は学校を休むのか、休まないのか、どちらを選ぶかではなくて

 

どういう気持ちでそれを選んだか、ということ。

 

”お母さ~~んまじで行きたくないんだよ~つらいんだよ~なのに何でぇぇぇ”

と思いながら引きずられるように学校に行くのと

”お母さんや先生は僕の気持ちを分かってくれてる! 嫌な思いをしないように、してくれてる!”

と思いながら行くのでは、やっぱり違うよね。

そう感じられることが、自分で問題を解決できる力になるんじゃないかな、と思っています。

僕は大丈夫!って思っていてほしい

宿題や身のまわりのこと、まだまだ上手くできなくて

私を含め色んな人から注意を受けることも多々あるけれど、

周りには自分のことを応援してくれて、見守ってくれて、

受け入れてくれて、愛してくれる人がたくさんいるんだ、

っていうことは、息子に実感していてほしいです。

 

中学校へ進学するのも多分すぐだし、できることが1つでも増えるように

ついつい口うるさく言ってしまってますが

”あ~やっぱり自分はダメなんだ~~”というふうには思ってほしくない。

上手い伝え方、今後も課題になりそうです。

スポンサーリンク












こちらの記事もあなたにおすすめです。