2018年(平成30年)4月から、児童扶養手当(母子手当)の支給額が改正になりました!

この記事では、『で、結局私はいくらもらえるの?』という率直なギモンを解決するために、子どもの人数と年収別での支給額を表にまとめています。

スポンサーリンク


ひと目で分かる!児童扶養手当の月額早見表

この表にあてはまるのは、以下の6つに該当する方です。

  • 子どもの実母であり、実際に育てている
  • 養育費をもらっていない
  • 16歳以上の親族を扶養していない
  • 所得のある人と同居していない
  • 社会保険料の控除以外に、税金の控除がない(前年に特に確定申告をしていない)
  • 障害・遺族年金をもらっていない

 

2018年4月現在の児童扶養手当の月額早見表です。実際に手当を申請するときには、正確な金額を必ず役所で確認してくださいね。

年収(税込)子ども1人子ども2人子ども3人
130万円未満42,50052,54058,560
130万円42,49052,54058,560
140万円40,61052,54058,560
150万円38,74052,54058,560
160万円36,86052,54058,560
170万円35,55052,54058,560
180万円34,42051,44058,560
190万円33,11049,92058,560
200万円31,80048,41058,560
210万円30,48046,89058,560
220万円29,17045,37058,560
230万円27,85043,85058,060
240万円26,54042,34056,420
250万円25,23040,83054,790
260万円23,91039,30053,140
270万円22,60037,79051,510
280万円21,29036,28049,880
290万円19,97034,76048,240
300万円18,66033,24046,600
310万円17,35031,73044,960
320万円16,03030,21043,320
330万円14,72028,69041,680
340万円13,41027,18040,050
350万円12,09025,66038,410
360万円10,78024,15036,780
370万円22,41034,910
380万円20,68033,030
390万円18,95031,160
400万円17,22029,290
410万円15,49027,420
420万円25,540
430万円23,670
440万円21,800
450万円19,930
460万円18,060

 

月額早見表を見るときのポイント

上記の表を参考にする際に、なるべく正確な金額を算出するためのポイントがあります。

前年の収入を調べよう

上記の表のように「収入」から算出するわけですが、いつの収入で調べるのか確認しましょう。これは、いつ児童扶養手当の申請をしたかによって違ってきます。

  • 1~7に申請した場合 → 前々年の収入
  • 8~12月に申請した場合 → 前年の収入

養育費を受け取る場合は収入に加算しよう

児童扶養手当の計算をするとき、養育費をもらっている場合は、養育費の8割の金額が収入と見なされます。

例えば、年収200万円の人が月3万円の養育費をもらっているとすると、収入はこのような計算になります。

200万円+30,000円×12カ月×0.8 = 2,288,000円

ただし、離婚して最初の年は、前年または前々年に養育費を受け取っていないですよね。

養育費を収入に含める計算は、離婚して1年以上経過してからの話になります。

児童扶養手当(母子手当)の支給要件(もらえるケース・もらえないケース・減額になるケース)など、基本的なことや、一から計算していく方法については、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク












こちらの記事もあなたにおすすめです。